マイクロファイナンス解体新書 世界の貧困層を救い、なおかつ持続可能なビジネスを行う
マイクロファイナンスの仕組みと可能性について

グラミン銀行のマイクロファイナンス制度

マイクロファイナンスの代名詞とも言える存在が、1983年にバングラディシュで設立されたグラミン銀行です。創始者であるムハマド・ユヌス氏が、2006年にノーベル平和賞を受賞したことで、日本でも一躍有名になりました。

インドの東に位置するバングラディシュは、一人当たりのGNIが約500ドルと、世界で最も貧しい国の1つです。1億5千万人以上の人口を抱えるも、その多くが絶対的貧困に苦しんでいる国です。その貧困を無くすべく立ち上がったのが、バングラディシュのチッタゴン大学・経済学部長であったムハマド・ユヌスです。

ユヌスは、貧困は本人達の問題ではなく、政治や社会によって生み出されたものだと述べています。しかし同時に、単なる施しでは貧困層が堕落するだけであり、彼らが意欲的に生きていける為のシステムが必要だと考えました。

この理想を追求した形が、グラミン銀行の設立と、同行による貧困層への小口融資=マイクロファイナンスでした。

グラミン銀行の融資制度
活動国 バングラディシュ
担保の有無 無担保融資
連帯責任 5人のグループに順番に融資。
一人が返済しないと次の人は融資を受けられない
融資金額 平均2万3千タカ(約3.5万円)
金利 平均20% (但しインフレ率も10%前後ある)
貸し倒れ率 1.78%
問い合わせ先 GRAMEEN Bank (英語)

グラミン銀行の融資は、主に5人一組のグループを組ませます。グループは同一地域の人間で構成され、97%が女性です。そしてグループで一人ずつ順番に融資され、一人が返済を終えないと、次の人は融資を受けられません。つまり、グループで連帯責任は負いますが、債務を肩代わりする「連帯保証」ではありません。

この連帯責任制が、無担保融資にも関わらず高い返済率(=低い貸し倒れ率)を記録する理由です。貧困層のほとんどが農村の村社会で生活しているので、仲間に迷惑を掛けては生きていけない・・・というプレッシャーが、返済意欲の源泉となるのです。グラミン銀行の貸し倒れ率は、筆者の参照した書籍(※注)では1.78%とありましたが、2009年にユヌスが来日した際には、貸し倒れ率は0.5%を切っていると述べています。

貸出金利は20%と一見高そうに見えますが、バングラディシュではインフレ率も10%近くあるので、額面ほど負担は大きくありません(詳しくはマイクロファイナンスは決して高金利ではないにて)。また、一般の貸出金利は20%ですが、教育ローンは無利息で行うなど、貧困層に配慮した制度も備えています。

慈善団体では無い理由

勘違いしている人も多いですが、グラミン銀行は営利目的を放棄した「慈善事業団体」ではありません。貧困層を救うという社会貢献が前提にありますが、同時に一般の銀行と同じように、利益を出すべく運営されています。

この理由は主に3つあり、一つは事業の永続性を考えた上で運営していることです。マイクロファイナンスの場合、満足な教育を受けていない貧困層が相手ですから、細かな指導・アドバイスが不可欠です。また借り手の多くが、交通・通信などが不便な田舎に住んでいます。以上のことから、マイクロファイナンスでは、人手やコストが一般のローンよりも多くかかります。故にグラミン銀行自身が、しっかり金利を取って利益を上げ、高いコストを吸収していかなければ、継続的な事業が行えないのです。

二つめの理由は、NPOのような非営利法人にした場合だと、融資の元手となる資金繰りで、様々な制約が出てくるからです。これが銀行の形式だと、株式や社債を発行することで資金を集めたり、預金を元手に融資を行うなど、自由度が高まります。実際に現在のグラミン銀行は、資本の94%が借り手の預金(借り手が得た利益を預金に回す)で賄われるまでに成長しています。

3つめに、しっかりと利息を取って銀行が利益を上げることで、借り手である貧困層に、資本主義経済の仕組みを体感させ、その中で生きていく必要があることを理解させる意味もあります。援助で貧困が無くならない理由でも書いていますが、利益を取らない完全な慈善事業だと、援助される側に甘えが生まれたり、その制度を利用して賄賂などの中間搾取が横行します。

貧困の連鎖を断ち切る為には、彼らが自発的に経済活動を行い、自分の力で貧困から抜け出す「意欲」を持たせることが不可欠です。その為には、援助で甘えさせるのではなく、資本主義経済の仕組みの中で彼らを自立させる必要があるのです。

※注:参照「マイクロファイナンスのすすめ(著者:菅正広、東洋経済新報社)」


サイトメニュー
基本情報
マイクロファイナンスの仕組み
相互扶助組織との違い
シャドーバンキングとの違い
借り手の大半は女性
決して高金利ではない
途上国だけではない
実践する企業や団体
グラミン銀行
アクシオン
ソリダリオ銀行
ICICI銀行
国際金融公社
貧困とビジネス
BOP市場とは
援助で貧困が無くならない理由
日本で出資出来るファンド
オイコクレジット
大和マイクロファイナンスファンド
SRIファンドとの違い
その他
お問合わせと免責事項
参考文献
リンク
HOMEへ戻る
 



Copyright(c) 2011. mf.nobisiro.com. All rights reserved.